妊娠・出産・育児はつらいもの?

「子供のためなんだから」
「お母さんになるんだから」
「お母さんになったんだから」

そんな世間の風潮があるように思いませんか?
023355
 
お母さんたちは、
その社会が作ったお母さん像に振り回され、
自分自身でもお母さん像をつくりあげ、
どんどん追い詰められて、
自分を「ダメ人間だ」
と錯覚させてしまうことだってあります。
私の場合、
1人目の赤ちゃんが生まれてからの生活は、
育児のコツが掴めなかったために、
無駄に悩み、苦しみ、ただただ一生懸命な毎日でした。

 
そして2人目が生まれ、さらに大変になるはずが、
あるきっかけを通して
「これでいいんだ!」という見通しが立ち、
びっくりするほど、育児が楽になったように感じたんです。

 
それが
私の、『自分なりの育児のコツ』を掴んだ、始まりでした。

 
ただ単純に、育児を経験すれば、
自分なりのコツが掴めるというものではありません。
実際、私がコツを掴んだのは、2人目の育児の途中からでした。

 
でも、もっと早くから、コツを掴もうと意識すれば、
自分のペースで育児を進めていけたんです。

 
つまり、

・自分のペースをつかんで、自分が納得できるやり方を見つけ出すこと
・一つ一つクリアしていけば、自分がやれる範囲が拡大すること

プリント
 
こういったことができると、
1人目からでも、そして、育児の経験がなくても、
「育児のコツ」を掴むことは、可能なのです。

でも、それは、
それぞれのお母さんの育った環境や経験などの違いで、
コツを掴むきっかけや過程が大きく違ってきます。

 
私は20年間、
公務員(保健師)として働いてきました。

 
でも、
お母さん、一人ひとりの「幸せ」を目指し、
それぞれのお母さんが必要な育児のコツを追及することは、
役所ではすべてに対応しきれない「限界」があるんです。

 
だからこそ、私が提供できる
『一人ひとりのお母さんを応援する形』
を実現したくなったのです。

 
赤ちゃんを迎え、
これからお母さんと赤ちゃんがともに元気で、笑顔でいることで、
家族みんなが楽しく、幸せな家庭生活を送ることができるようにしたい。
プロフィール用 2
だから、
産後、子育ての時期を過ぎて以降もずっと、
お母さん一人ひとりと必要なことを話し合って、
お母さんの体のケアから心のケアまでしていきたい。
 
私の知識や体験を、押し付けるのではなく、
少しでも早い段階で、
あなたが納得できる自分の育児ややり方を
一緒に探っていきたい。

 
そんな思いをもって、立ち上げた助産院です。

 

なみうち助産院 院長 浪内 淳子
RETURN TOP

お問い合わせ

otoiawase
 
 
 

最新情報・イベント情報

最新情報

次回のベビーマッサージ教室
平成28年8月26日(金)10時〜11時30分

詳しくはチラシをごらんくださいね。

定員に達しましたので、申し込みを締め切りさせていただきます。なお、次回は9月16日(金)実施する予定です。

Facebook