産後ケア

この記事は2分で読めます

今朝、道新にのった札幌市の産後ケア助成。

このことで、
「浪内さんのところも産後ケアやってるよね」
今日会った、何人もの方に声をかけていただいた。

 
妊娠をしたら、突然「お母さん」と呼ばれるようになり、
出産したら大きな喜びと同時に、
ずっしり肩にのしかかるプレッシャー。

 
 
命の重み

   
 
私にも、世の中のどんな事件やニュースより、

  • 何時におっぱいを飲んだか
  • 今日は何回おしっこがでたか

そっちのほうが大事に思えた時期があった。

 

お母さんとなった私

出産した夜に、
泣きやまない赤ちゃんを抱いて、
廊下を徘徊すると泣き止んだ。

 
昨日生んだお母さん、隣の部屋のお母さん
みんな赤ちゃんを抱っこして静かに歩き続けた。

 
すれちがうと、
みんな微笑んで頭を軽くさげてくれる。

 
「おたくもね。おめでとうね。がんばろうね」
心の声が聞こえた。
 
 
 
また夜が明けた。

 
 
私の腕の中に私の赤ちゃんがいる。
なんてぽかぽかで、はかなく小さいのか。
はじめて抱っこした子どものあたたかさが忘れられない。

幸せで涙があふれた。
 
 
母親になったこと
不安とプレッシャーで押しつぶされそうな夜も
なんだって頑張れる気がした。
 
 
眠らなくても私は大丈夫。

 
そんな私を
私の母親が心配そうに見ている。

お茶を入れてくれる。

   
「ああ、もう冷めちゃったね。」
笑いながらお茶を飲む。
 
  
出産後はやることも多くて、ゆっくり座って

  • あついお茶を飲む
  • お産をふりかえる
  • 頑張った自分をほめたたえる

そういう余裕はなかった。

 
 
昔の私に声をかけられるなら、と今思う。
「まずはお母さんのいれたお茶を飲みなさい」
「それからでも全然大丈夫」と。

 
2人目の出産の時は
年を重ねて、気合いと根性では
乗り切れなくなってきた。
 
 

もっともっと知るべきこと

  

それからいろいろ調べたり、資格をとり、研究を重ねて、
私なりの赤ちゃんのお世話や産後のからだのこと
テーマごとに細かく分析した。
   
   
世の中には、
助産師学校の授業で習う以外にも

  • 産後の体調の整え方
  • からだと母乳の関係の注意点
  • 泣かせない抱っこの方法
  • 赤ちゃんをぐずらせない方法
  • 赤ちゃんの気持ちがわかる方法

・・・などなど

知っておくと助かること(知らないとつらいこと?)が
たくさんあることがわかった。

   

そんな1つ1つを、お母さんに届けたい。
お母さんに、あたかいお茶を飲んでほしい。


 
なみうち助産院の「産後ケアサポート」は訪問型。

 
おっぱいの対応や赤ちゃん沐浴のほか、
掃除、洗濯、上の子の送り迎え、上の子と遊ぶ
ご飯したく、買い物、ゴミ捨て、などなど
言われたことをなんでも手伝うサポート。

 
札幌にあるような
通所型や宿泊型までは、まだ整っていない。

 
でも、お母さんの産後を社会で支えようとする
動きが出てきたことが何より嬉しい。

 
そして朝から
「産後ケアはやっぱり大切だから頑張ってね」
と声をかけてもらえる、その一言が嬉しい。
   
  
お母さん達を応援している気持ち
私だけではないのだから、

 
 
これからも
ここで、この地域で、
お母さん達にその気持ちを届けて行こう。

 
小さな助産院からでも、声を出して活動して行こう。

  
今夜もまた、新しい命が誕生し
泣きやまない赤ちゃんを抱っこしながら、欠けていく月を見て
わきあがる不安とプレッシャーを飲み込みながら、
夜を過ごすお母さんが一人でもいる限り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

otoiawase
 
 
 

最新情報・イベント情報

最新情報

次回のベビーマッサージ教室
平成29年2月24日(金)10時〜11時30分

詳しくはチラシをごらんくださいね。

定員に達しましたので、申し込みを締め切りさせていただきます。なお、次回は3月24日(金)実施する予定です。

Facebook