妊娠中の下着の選び方(ブラジャー編)〜妊娠中のお母さんへ

この記事は3分で読めます

妊娠中のブラジャーの選び方

  
妊娠がわかった時から
体調を整えておくこと
少しでも快適に過ごせること
お母さんにとって
これはとても重要なことです
   
そして妊娠中の下着の選び方が
産後に大きく影響することがあります
   
今回はブラジャーのお話
    

ブラジャーのこと

「まずブ◯トップは外しましょうか」
産後のおっぱいケアで私がよく言う言葉
    
中にはわざわざ
授乳にむけて買ったというお母さんまでいて
申し訳ないのだけど
授乳が終わったらまた使えますから・・・
    
「赤ちゃんがおっぱいをうまく飲めない」
「おっぱいが張ってつらい」
   
そして
おっぱいをみせてもらうと
ブ◯トップから窮屈そうなおっぱいがバンとでてくる
中には乳首がカップに押されて変形してしまっていることも
    
商品が悪いと言っているのではなく
きっとモールドカップのようなピッタリした押さえつけるような
カップが妊娠期・授乳期には向かないと思うのです
    
乳首は妊娠中からホルモンで
赤ちゃんが捉えやすく、くわえやすいように
成長するものなのに・・・
のびのびできなかった環境
    
それはみていてつらそうです
    
妊娠中はホルモンの動きで乳腺が成長し大きくなるので、
おっぱい全体が張ってきたり、重たく感じたりします
    
締め付けると血行が悪くなり、
乳腺の発育が妨げられたり、乳首がいたくなることもあります
    
妊娠中は母乳育児の準備もかねて
刺激のないゆったりしたものがよいです
    
    
そして
妊娠用、産後用、授乳用と何度も買い換える必要はなく
産後、授乳中も使えるようなブラジャーを探し
妊娠中からおっぱいを育てましょう
    
    

ブラジャーの選び方

出産後に
赤ちゃんが泣いたらすぐにパッと出せる
クロスタイプのものがおすすめです
    
金具がついていて、ガチャンガチャンと操作が複雑だったり
中央にホックがついていて、外すと左右のおっぱいが
両方でてしまうものは大変そうです
    
カチャンカチャン外すもの、ホックをかけるものなどなど
私自身も授乳中にいろいろさがし、使ってみましたが
クロスタイプが片方ずつ出せてスムーズなので
一番授乳が楽でした
    
それから
ゴムを使っていないこと
特にアンダーラインや脇のところ
授乳中は血流やリンパの流れも良くしておきたいので
流れを圧迫してしまうようなものはさけたいのです
     
肩ひもは肩がこらないように
細いのではなく、太いものが安定していてよいです
    
そして
ピッチリしたカップではなく
乳首が押しつぶされずに、先に余裕があるもの
肌触りのいいもの
    
つわりがつらい時期も
下着をかえると楽になることもあるので
妊娠期のブラジャーはとても大切ですね
    
    
絵でみるとこんな感じです
    

    
    
ブラジャーでかきましたが、こういう形の
タンクトップもいいですね
    
似たようなものは他にもありますが
私が準備しているのは
「モーハウス」というお店の授乳用ブラジャーで
助産師と授乳しているお母さんたちの知恵から生まれた
モーハウスブラ(略してモーブラ)です
日本助産師会推奨の商品でもあります
    

    
この会社
授乳経験のあるお母さんたちから生まれた会社で
子育て中の社員、授乳しながら会議できる環境など
お母さんたちがお母さんたちのために
商品開発をしているという
理念も応援したくなる会社なのです
    
なみうち助産院はモーハウスの取次店になっていて
販売や紹介ができます
カタログを渡し、モーブラの試着もできますので
お気軽にお問い合わせくださいね
    
ちなみにモーブラは
うちの娘も小学6年から
そして、おばあちゃんも使ってまして
使いやすさは実証済みです
     
高齢者の方や乳がんの術後の方にも支持されていて
「全世代の女性にやさしいユニバーサルデザイン」
の視点でも開発されたものです
    
     
これでばっちり!
快適な妊婦生活をお過ごしくださいね
    
次は「ショーツと腹巻き編」です
    
     
お問合わせは
メールでお願いします

お問い合せはこちらからどうぞ!

ブログ:妊娠中の下着(ショーツと腹巻き編はこちら)

妊娠中の下着の選び方(ショーツと腹巻き編)〜妊娠中のお母さんへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。